ボトックスとはいったい何なの?

女性なら一度は小顔になりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

現在の医療では憧れだけで終わっていた小顔を
実際に手に入れることが可能となりました。

それはボトックスの登場によるものです。

ボトックスとはボツリヌス菌という
本来は重症の食中毒を引き起こす原因となる猛毒なのですが、
そこからA型ボツリヌス菌を抽出し、
筋肉や神経の活動を抑えるという性質を利用して
ボトックスという治療薬が作られていきます。

ボトックスは、1970年代から多汗症などの治療に
利用されてきている事からもいえるように、
安全性は確かなものと言えるでしょう。

1980年代に突入するとボトックスは更に美容治療に利用されるようになり、
ボトックスを注射することによって顔や体の筋肉の活動を抑えられ
痩せていくことが分かりました。

このようにボトックスと小顔の関係は深いものとなっています。

ボトックスで小顔にする治療は
美容先進国のアメリカでは随分前から行なわれていました。

日本での美容治療としてはそれほど歴史は深くないのですが、
日本人は強い小顔願望を持つ方が多く、
美容への関心も非常に強い人種であるといえる為、
ボトックスは急速に普及してゆき、現在では相当数の美容治療院で
ボトックスを使った小顔治療が導入されています。

勿論世界でも注目されていて70以上の国で利用されています。




  • seo


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。